精密部品加工・各種金型

品質を極める

お客様の求められる製品を作り出すためには、高品質な生産設備が求められます。さらに突き詰めれば、生産設備を構築する精密部品も確かなものでなければなりません。弊社では、高い専門知識とノウハウを持ったスタッフが高性能マシンを駆使し精密部品・各種金型を製造、日本国内はもとより海外のお客様からも高い評価をいただいています。

フジエンヂニアリングの技術の結晶、超精密加工と金型製作

弊社の超精密加工と金型製作の技術は、常に高度化する製品ニーズにお応えするために培われています。超精密加工で求められるのは、何よりも“精度”です。極限まで公差をなくすことで、寸分の狂いもない高品質な製品を作ることができるのです。この超精密加工によって生み出した部品や金型製品は、必ずやお客様のお役に立てるものと確信しております。

技術を極めるのは、決して簡単なことではありません。金属加工の際には、設計段階で想定できないような素材の歪みが生じることもあります。また、加工時間や刃物の寿命など、現場のさまざまな問題を総合的に考慮しながら、最適な解決法を見出していきます。そうした努力を積み重ねることで、「フジエンヂニアリングだからできるもの」が生まれ、多くのお客様にご満足いただけるオンリーワンの技術へと発展していくのです。

高精度、高品質への飽くなき挑戦

弊社が製造現場で大切にしているのは、大きく「図面通り」「当たり前のことを馬鹿にせず、ちゃんとやる」「真心をこめて」の3つです。この3つを統合した弊社の品質方針スローガンが、「自分の仕事を極め、尊敬される機械を作る」というもの。日本のものづくり精神そのものを表したこのスローガンを大切に、日々製作に励んでいます。

高度化していく製品ニーズに応えるために、新しい設備を導入するだけでなく、それを扱う社員も日々技術力を磨き続けています。金属加工時に発生する熱膨張や残留応力などへの対応は、まさに弊社の腕の見せどころ。ときには苦労も伴いますが、社員一丸となって取り組み、これまで多くの挑戦を成功させてきました。これからも、エンジニア魂を発揮し、技術力を追求しながら、新たな価値の創造に挑み続けます。

TOP